カートをみる マイページへログイン(会員登録) ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

ラクトシア (200mg×31カプセル) NS乳酸菌・ビフィズス菌

NS乳酸菌を試したいと思われていたあなたへ



今、腸が生命活動の中心だという考え方が定着しつつあります。健康維持に一番大切なことは、
栄養の分解力に優れた菌を腸まで届けることです。

「ラクトシア」は糖分、タンパク質、脂肪、コレステロールの分解力に優れたNS乳酸菌とビフィズス菌を
計10種類ブレンドしました。

乳酸菌は、小腸の中で消化活動の中枢を担います。一方、ビフィズス菌は、大腸で増殖して環境を
整えることで、毒素をつくりだす菌を抑制して、大腸でのアンモニアや硫化水素の発生を抑えること
ができるといわれています。腸をイキイキとさせるお手伝いをします。




ラクトシア (200mg×31カプセル) NS乳酸菌・ビフィズス菌

価格:

3,980円 (税込)

[ポイント還元 40ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■<第2の脳と呼ばれる腸をイキイキさせるのは、乳酸菌です!>



みなさまは、腸の不調を感じていませんか?
たとえ感じていなくても、もしかすると、別のカタチでサインが出ているかもしれません。
肌荒れや、疲れやすい、体調を崩しがち…
これらも腸が元気になると変わるかもしれません。
それでは、どのようにすれば腸は元気になるのでしょうか?
腸の中には100兆個ともいわれる数の腸内細菌が存在します。
腸内細菌とは、腸にとっていい働きをする『善玉菌』と、悪い働きをする『悪玉菌』、どちらか強い方の
味方をする『日和見菌』の三種の菌です。
この3つのバランスか崩れることで、カラダに様々な不調が生まれてしまうのです。

 善玉菌の代表格は『乳酸菌』。いい乳酸菌をカラダに入れることでイキイキとした元気な腸にしていく
手助けをします。
 また、幸せを生むといわれるセロトニンという物質の90%は小腸に存在します。
ですから、腸を元気にさせることで、あなたの幸福度もアップするかもしれません。


■<NS乳酸菌とは?>



NS乳酸菌は、「第2の脳」ともいわれる腸を強力にサポートします。多くの乳酸菌サプリメントで
使われている球菌やビフィズス菌は、そもそも腸内にたくさんある菌で、わざわざ外から取り入れ
なくてもエサとなる食物を十分に与えれば、自然に増えていきます。

NS乳酸菌は中央アジアの遊牧民の保存食から摂取された乳酸菌のうち、特に大型で発酵力が高く、
乳酸化物を多くつくる桿菌を選び出し、遺伝子を特定して純粋培養しています。




■<5種の乳酸菌と5種のビフィズス菌>



●NS-9乳酸菌(学名:ラクトバチルスファーメンタム)
糖分を分解するのに最も優れている乳酸菌です。「ハイパーラクタム」に入っている菌はこれのみ。
SARSウイルスが大流行して以来、開発者の金鋒博士が最も注目し、実験を繰り返してきた乳酸菌です。

●NS-8乳酸菌(学名:ヘルベティカス)
以前にスプレータイプの乳酸菌で発売されていた「ラクトディフェンス」に配合されていたのが、
このタイプの乳酸菌です。このタイプの乳酸菌の特徴は、タンパク質の分解力に優れていること。
これは、豚の実験でも明らかにされているのですが、NS-9とNS-8の乳酸菌を、豚のエサの割合と
同じ比率で配合した乳酸菌を与えると、タンパク質に起因するアンモニアや硫化水素系の悪臭が
少なくなることが分かっています。
この悪臭の原因である物質は、人間の精神にも影響し、イライラしたりするなど、ストレス過多と
言われています。

●NS-5乳酸菌(学名:プランタラム)
この乳酸菌は、いわゆる植物性乳酸菌と言われております。このNS-5乳酸菌の特徴としてあげられるのが、
脂肪とコレステロールの消化(特に脂肪分の分解に)に優れていること。
まさに現代人の救世主ともいえるべき乳酸菌なのです。

●NS-11乳酸菌(学名:ラムノサス)
免疫の機能が高いことはもちろん、コレステロールの分解に優れていることが分かっています。

●NS-12乳酸菌(学名:デルブルキー)
こちらの乳酸菌は皆さまもよくご存じの通称“ブルガリア菌”、正式名ブルガリクスという種類に分類されます。
こちらもやはり脂肪分の分解に優れています。
現代人の食生活を考えると、脂肪の分解というのは、非常に大きな要素であると言えます。

●ビフィズス菌
腸壁の細胞更新を促し、免疫力を高め、ウェルシュ菌等の毒素をつくる菌を抑制する効果が確認されている
B-ビフィダム 、B-ブレヴ、B-インファンティス、B-ロンガム、B-アドレセンティスを配合しています!



■<開発者 金鋒博士の言葉>



私たちは腸内だけで人間のすべての細胞に匹敵するほどの数の菌と共生しています。
それが私たちの命の営みに重要な働きを担っているということがようやく知られるようになったばかりで
、膨大な菌がそれぞれどんな働きをしているのかという研究はまだ始まったばかりです。
私たちは、最新の研究成果をいち早く製品化してお届けしていきたいと思います。

そして共生菌を届けることで、自然界も人間社会も本当は共生こそ真実で、私たちはその原点に立ち返る
べきだというメッセージを届けたいと思います。
菌を皆殺しにする文化は、まさに戦争する文化とひとつと言えますが、もともと世界はそんなことする
必要がないようにできています。

チャールズ・ダーウィンが言った「自然淘汰」という考え方が「優秀な民族こそ生き残るべき」という
考え方につながり、トマス・ホッブスが世界を「万人の万人に対する闘争だ」といったことが、
戦争は避けられないものだという口実になってしまっています。

でも、あらゆる生物は持ちつ持たれつという関係の中でバランスを保って共存しているし、
DNAの組成はほとんど一緒で、優位性なんてみられません。
そして、争いに明け暮れる先住民族なんてどこにも居ないのです。




■<作り手としての想い>



現状ベストなものを誰もが買える価格で供給することで、毎月無理なく続けられるようにしたいという
願いで作りました。
健康の基礎として大事なのは、栄養の補助じゃなくて良い菌をとること。

良い菌は、「幸せホルモン」といわれるセロトニンの合成に深く関与しているので、日々、穏やかで
幸せな気持ちで過ごしていただきたいと思います。
「幸せになるサプリ」は世界初だと思います。

また、特に、これから平和な世界をつくるには、日本と中国の友好が何より大事ですので、製品を通じて、
共生というメッセージを広めていきたいと思います。
あらゆる機会を通じて、目いっぱい世に広めて生きたいと思います。多くの人に喜んでいただける製品
だと確信しています 。




■<ラクトシア 飲み方・食べ方>



基本的にサプリメントですので、飲み方・食べ方の指定はできませんが、
私の方法・お勧めの食べ方(飲用)として以下の内容を参考にしてくださいね。

 ・一日3粒、身体の調子の悪い時は6粒
 ・食間または食後に飲む
 ・食べ物は大体4時間くらいで腸に達するので、その時に飲んだ菌が活性化
  していることが望ましい
 ・飲んだ菌は一週間くらいは腸にとどまっている









ページトップへ