カートをみる マイページへログイン(会員登録) ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

カリカセラピ PS-501 お試し 野生パパイヤ 発酵食品 100%自然食品 送料込

大人気の「カリカセラピPS501」のご使用者は、口コミだけで既に100万人を突破しています!


 パパイアの未熟果の中でも特にエネルギーの強い野生果実を厳選し、抽出及び化学的処理を行わず、
 増量剤及びビタミン類や防腐剤などの化学物質をも一切使用していない、自然環境の中で
 育てた「100%自然主義」のパパイア醗酵食品なんです。

カリカセラピPS501の主原料は強い紫外線を浴びて繁殖するパパイアの原種、カリカパパイア(学名)です。
それを日本伝統の酵母・酵素などでじっくり一年間醗酵・熟成・自然乾燥(バイオナチュラル製法)させました。
白い顆粒状のさわやかな甘みのある美味しい食品です。






お試しをご希望される方は、有料(送料込)となりますが、メールにてお知らせ下さい。

数量やお試しされたい理由などもお知らせ頂きますと幸いです。




カリカセラピ PS-501 お試し 野生パパイヤ 発酵食品 100%自然食品 送料込

価格:

0円 (税込)

購入数:

個数

在庫

購入

3包 〜

在庫切れ

入荷連絡を希望
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

その特徴は?


1.甘い! 美味しい! 飲みやすい!


 カリカセラピPS-501は、世界でたった一つの土地で育ったナチュラル・パパイアの未熟果のみを原料に使用し、すっきりした甘さで美味しく飲みやすく作られております。この甘みはブドウ糖の甘さであり、単糖類に分類されます。このブドウ糖は虫歯の原因菌であるS.ミュータンス菌に利用されにくい性質をもっていて、砂糖に比べて歯垢や乳酸の生成が少ないことが知られています。

2.100%天然素材


 カリカセラピPS501はパパイアの未熟果の中でもエネルギーの強い果実を厳選し、抽出及び化学的処理を行わず、増量剤及びビタミン類や防腐剤などの化学物質を一切使用していない、自然環境の中で育てた「100%自然主義」のパパイア醗酵食品なので安心してお召し上がり頂けます。

3.利用方法がさまざま・・・美容のためや入浴剤や植物にも


 カリカセラピPS−501を食べるだけではなく、食べた後の空袋に水を入れ化粧水としてお使い頂いてる方、入浴剤代わりにカリカセラピPS−501をお使い頂いてる方、さらに、カリカセラピPS−501を入れたお風呂の残り湯をお洗濯にお使い頂いてる方、植物の水あげにカリカセラピPS−501の水溶液をお使い頂いたりと、お客様が様々な方法でご利用頂いております。

4.リピート率が高い!


 カリカセラピPS−501は口コミで広がり、リピート率が高く80%以上がリピーターです。現在では老若男女、幅広い年齢層の方々にご愛用頂いております。カリカセラピPS−501の不思議な魅力がファンをひきつけるのです。また、延べ100万人以上のお客様にカリカセラピPS−501をお召し上がり頂いております。カリカセラピPS−501は健康維持・美容をサポートします。



おすすめする理由


(1)大自然のエネルギーを手軽に!
大自然のエネルギーとパワーを手軽に取りいれられます。原料には、野生地帯に原生するナチュラルパパイヤを丸ごと使用!だから「カリカセラピ」を食べることは、大自然のエネルギーをそのまま自分の中に取り入れること。体のもつ本来のバランスを取り戻す手助けをしてくれます。

(2)化学物質無添加で、安心・安全!
単一成分の抽出や科学的処理をおこなわず、増量剤、ビタミン類、防腐剤などの化学物質を一切使用していない、安心・安全の自然派サプリメントです。

(3)おいしい!
発酵による自然なスッキリとした甘みでとてもおいしく、お水無しでもお召し上がりいただけます。

(4)小分けになっているので携帯にも便利!
1回分ずつ小分けになっているから、いつでもどこでも必要な時にお口にポイ!外出時や持ち運びにも便利です。

(5)製品への強いこだわり
原料・製造過程などの品質に強いこだわりをもって作られているため、信頼できる健康食品です。またメーカーによるカウンセリングもおこなっているので、とても安心です。



「カリカセラピ」ができるまで


「カリカセラピ」になる原生の青パパイヤは、フィリピンの雄大な自然で、皆さんに犖亀い離船ラ瓩鬚届けするためにと、たくさん自然のエネルギーを吸収しながら、すくすく育っています。

そして、収穫された青パパイヤはここから、より元気のチカラを発揮するため、一年もの長い間、発酵・熟成・自然乾燥され、たくましさをましていきます。その際には化学的処理を行わず、化学物質をも一切使用しません。

ページトップへ